赤唐辛子は風邪、肉体疲労血脂などを抵抗することができる

抗風邪、コレステロール、頭痛山椒類一般よりもっと橙に含まれる豊富なビタミンC、鉄、カルシウム、燐とビタミンB族、例えばひゃくグラムごとに新鮮な赤と唐辛子の中で、ビタミンCの144ミリグラムに次いで、新鮮野菜の首位.ビタミンCは,心臓病や冠状動脈硬化、コレステロール低下を制御することができます.唐辛子の中のβ-カロチン含有量は1390マイクロ?グラム、獲得カロテノイド、キサントフィル,
シリアス,トウモロコシ黄质とβ-コーン黄质最高の源の一つで、それらはすべて最も効果的な抗酸化剤の一つは、気道の開通、寒風と寒気の風邪の予防作用.かぶりつくと赤唐辛子のような辛い刺激感は、脳内に分泌を促す喫茶おい、この化学物質が痛みを軽減して軽微な快感を生むことができます.最近はもう人を唐辛子治療神経性頭痛は特にひどいの頭痛の症状は、効果がとてもよい.唐辛子は光に風邪が冷える人はとても役に立つ、コレステロールも助けよう調整.海外での研究によると、ネズミを唐辛子の食べ物が後に富んで、血液中の中性脂肪やLDL(通称悪玉コレステロール)も明らかに減少した多くの.唐辛子含まれる特殊物質、新陳代謝を加速して燃える体内の脂肪の効果を達成することによって
ダイエットする作用.この物質はホルモンの分泌促進、肌に良い美容保健作用があります.は唐辛子の中で豊富なビタミンCが、ビタミンCは耐熱、易が破壊され、調理にほとんどのビタミンC流入中または破壊され、銅器では更にこのようなので、調理に铜质器具の使用を避ける.唐辛子を食べながら多くの利点があります、しかし、食用唐辛子は適量,肉体疲労、新鮮な唐辛子は毎回ひゃくじゅうグラム唐辛子グラム、やるたびに宜を.食べ過ぎると体が健康になる.すぎるためのカプサイシンが激しく引き起こす胃腸の粘膜を刺激して、胃痛、下痢を肛門焼灼刺して、胃腸の疾病を誘発、痔出血.また、病気になります曇るのぼせをわずらって熱い旺、高血圧、肺結核、咽頭炎、食道炎、胃腸炎、胃潰瘍や痔などの患者も少なく食べるべきや唐辛子を食べる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です