肉体疲労はこんな症状があるって、ホント?

肉体疲労は、極度の運動や肉体労働を行うことにより、徐々に体に疲労がたまり、体の痛み、重み、だるさなどの症状があらわれています。一般的に精神疲労と区別して身体疲労と呼ばれることもあります。

一般的には、充分な睡眠を取り、栄養バランスの良い食事をとれば数日で回復するのが一般的です。ただし、過度の疲労がたまると、眠れないなどの症状も現れるようになり、疲れも取れにくくなり更に疲労がたまるという悪循環になる場合もあります。

肉体疲労とは言いながら、精神的な疲れへと発展している場合もあるため、入浴する、逆に軽い運動をするなどリフレッシュタイムを取ると回復する場合もあります。

疲労しているときの主な症状

1.やる気が出ない

2.集中力がない

3.思考力低下

4.朝起きるのがつらい

5.目の疲れ

6.肩こり

7.常に眠いと感じる

8.食欲がない

9.肌荒れ

10.腰痛がある などがあります。

疲労の種類

一時的疲労

睡眠や休息によって回復できる時があります

慢性疲労

睡眠や休息だけでは回復が難しく対処の仕方も変わってます。

身体疲労

体がだるい事や意思に反して眠くなるなど日常生活に支障をきたす症状の場合は、精神疲労や脳疲労との密接な関係も疑う必要がありまる。紹介した対処法と生活習慣の見直しを併せて行うことや、病気、疾患を疑い医療機関での診断も必要となります。

精神疲労

原因となるストレスを軽減するために思考を変えたり、第三者の手伝いによって不安な考えをやめたり、楽観的思考をするなど、細分化した認知能力へのアプローチ法もあります。

脳疲労

脳疲労の回復には運動で脳の血流を良くしたり、運動の習慣をつけることで疲れにくい効果や脳そのもを強くする効果も期待できる。それに、食事や栄養の摂り方でも回復ができたり、温かい飲み物や水分補給で脳の血流を良くすることで不安やストレスの軽減もできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です