白内障は切り込むに肉体疲労切り込むか

陳さん、四十歳ぐらい,肉体疲労、両目(二千度)、平日は眼鏡矯正で、零時5程度の視力にしかできない.今年健康診断中眼科医師は白内障、手術治療を提案します.彼はまた他の眼科医にも教えて、お医者さんは必ず速やかに手術して、お医者さんは、手術を受け、彼も迷って、その医師の意見に従うことを知らないで.彼は外来の診察をして,経用細隙燈検査及び検査に瞳に散る、眼底黄斑部にすでに発見強い近視の病変、しかも白内障の程度は視力が衰えた要因による.グロスターの強い近視白内障の摘出手術を受け、通常よりも人より高い割合が網膜剥離の後遺症である以上、視力が悪いの主因は白内障で、しかも手術は合併症があるかもしれない、やはり提案を手術し、定期的に網膜追跡検査.

外来の患者は、白内障の患者、自分の白内障の程度や問い合わせには手術を必要とする必要がありますか?白内障の手術が必要かどうか治療は各様の問題は、視力は重要な決定要因が、白内障に影響を与えるのは全体の視覚の機能、視力はただその中の一項指標だけで、ある人は視力ぼやけのほか、羞明、グレア,複視と見て失うものも、色の鮮やかなコントラスト感を失って度、視力が安定しないなど症状.手術は眼科医師臨床検査の臨床検査を行うほか、個人は視力及び視覚の品質の要求に対して、主要な考慮の要因で、すべての白内障はすべて摘出することが必要です.手術の時間の朝晩手術の成否は特に影響しない限り、白内障過熟に葡萄膜炎や緑内障、または影響網膜の検査や治療が早く手術が必要.

につれて手術器具及び技術の進歩で、白内障の手術の後で約9割の患者の最優秀矯正視力は0 . 5以上の場合、は糖尿病網膜病変緑内障や加齢黄斑部病変の患者を含め、その成功率も5以上の8割が、ははこんなに高い成功率も、少ない部分の患者の手術後、視力は改善していないで、甚だしきに至ってはもっと差で失明の恐れがある.白内障の手術は、これらの合併症は、失明、白内障手術を受ける前に、多くの理解.

いかなる眼科手術

が最も恐れたのは眼内炎、白内障の手術の発生率は1000分の1から4の間、急に、慢性の分.急性期が術の後で2週間以内に、通常は術の後で二日~5日以内に発生、病菌毒性の強い、患者が急激に視力が衰え、痛みがひどく、目を真っ赤にしないなら、積極的に治療、視力機に戻れない.そして、慢性期発生後、2週間後、症状が軽く、痛みもひどい、ときに繰り返し発作、予後が佳乃.

網膜剥離発生の割合は約0 . 5%の2、強い近視、網膜が格子状の劣化、家族史や別の眼が網膜剥離病歴の人はすべて高い危険群、網膜剥離いったん侵犯黄斑、させては治療網膜貼りなおす回元視力>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です