男性性障害- 2 .インポテンツインポテンツの肉体疲労原因については

インポテンツの原因

はインポテンツの原因

ではインポテンツの原因

インポテンツの原因で、淺はかに分、心理的性及び生理的(臓器性)の2項目で、七○年代以前の医学は比較的に発達していないと、90%は心理的要因のインポテンツ;しかし八○年代後は少なくとも半分以上発見インポテンツの患者を見つけることができる臓器の問題徐々に明らかになるだけでなく、インポテンツ神秘の鈍痛、インポテンツを治療する発展の方法.

A . A .
シリアス A .心理性インポテンツ、<

心理的インポテンツの特徴は突然、短いあるいは時が良い時は悪い、病気そのものも多く自分を体得して、これらの心理の素を排除、インポテンツ多能不药而愈昔のまま、雄振.よくある原因などの事業重い,徹夜や異変が訪れて、心身ともに疲れの末路はしきりに出す.状況だけではなく、勃起眠い鶏さえも興ざめ」しかし、これらのことは心身のストレス状況の改善を解除後、多くをよみがえらせることができる.一部の患者に奥さんは「青菜に塩が、他の性伴侶はまた嘎嘎叫、この人の状況は典型的な心理的インポテンツ.

に別の1種の一般的な心理の要素は性交不安(Performance anxiety)、前述あの遇上大がないかもしれない事例、奥さんに彼は雌トラのように;あるいは需索節度がない、またはかつて彼はだめや不振に責める嘲笑彼;あるいは患者自身は自分の望む高すぎて、感じはA片男性の主役は男すぎて、毎回仕事前に自分の圧力と期待、希望をよく表現しがちになるか、性交焦慮で倒れ干臨戦.

B .器官性インポテンツ

P体の他の器官あるいはペニス自身の欠点もすべてインポテンツインポテンツ、器官性インポテンツ、よくあるその他器官の欠点は糖尿病、高血圧、心不全、喘息症、尿毒症,肝硬変.性機能は生命を維持するために必要で,肉体疲労、子孫は健康の前提で生きてこそ意味があるので、当て身罹患前述あれらの深刻な病気には見せない、性機能の、いわゆる飽食暖衣思淫欲はこの道理.体の他の臓器の病気に改善し、インポテンツを改善する可能性があります.

ペニス自体の器官の問題は主に3種類:血管や神経と内分泌の(はホルモン)の中で一番よく血管問題児.

には、血管の問題:ペニス勃起の要件は:

P1 .莖は動脈の中で拡張し、中にはPは、スポンジ洞がうっ血に膨れ、最後は

という.

さん.海绵体静脈の海绵体つぶし充血膨張され、完全静脈還流中止(静脈圧が低く、ただ6~10 mmHg;海绵体動脈圧と体のその他の動脈圧相、収縮圧は一○○mmHgボーされないから、ぺしゃんこに、その陰莖の才能太く長く硬くなる.この勃起勃起が問題に問題が出て、すべてが陽の低い(勃起不良に勃起不良)をもたらします.ありふれてある