女は婦人科検査法など健康診断がどれらの肉体疲労疾病

の漢方医の婦人科の学は中国医学の理論を運用し、女性の生理病理研究の特徴と予防の女性特有の病気のひとつの臨床学科.漢方医の婦人科学研究範囲は月経不順、崩漏、こしけ、子、妊娠、おめでただ、産後、乳疾、癓瘕、前陰諸疾や杂病など.これから婦人科で検査してから出た疾病を紹介することを紹介します

Pは婦人科で検査した病気だということですが、

機能性子宮出血:機能性子宮出血の共通の婦人科の病気、多く発症後の女性は経閉期.主な症状は不規則な腟の血を流して、月経週期が乱れていて、月経期延長短縮、月経量が増えたり減らしたり、閉経後十日あるいは数か月後の大量出血を続けて半ヶ月以上.時には時間が定時に、しかし量は多い、時間長.出血が多いため貧血が動ずる、めまい、全身力などが原因になります.

泌尿道や生殖器係疾患:一般的に萎縮性膀胱炎(小便回数が多く、切迫感や尿失禁)、老年性膣炎(陰門や膣かゆみ、こしけが増え,子宮下垂、膀胱あるいは直腸膨隆など.

骨質粗しょう症:骨質粗しょう症:これは中高年の女性が最もよくある疾病の一つです.主な症状は腰背痛み、さらに全身骨痛、軽い外傷が骨折;腰に梓の弓を張る、深刻な生活能力を喪失して、甚だしきに至っては死者.

心血管疾患:主に心臓病や脳卒中、アメリカ調査結果を、ごじゅう歳以上が死亡した女性には53%の人が死んで心臓血管の疾病、我が国の調査結果も同じアメリカの基本に似ている.つまり、心臓血管疾患疾病は現在50歳以上の女性が死亡する主要な原因の一つである.

腫瘍:一般婦人科の悪性腫瘍が子宮頸癌,子宮体癌や卵巢悪性腫瘍など.

p>は婦人科<健康診断検査の病気は乳腺:資料の統計によると、発病率が全身に各種の悪性腫瘍の7-10%.40~60歳の間,
レビトラ,肉体疲労、経閉期前後の婦人発病率が高い.深刻な影響に影響を与えることは、女性の心身健康に影響を与えることは、生命の最もよくある悪性腫瘍の一つだということです.

ヒント:漢方婦人科学研究範囲は月経不順、崩漏、こしけ、子、妊娠、おめでただ、産後、乳疾、癓瘕、前陰諸疾や杂病など.主な症状は腰背痛み、さらに全身骨痛、軽い外傷が骨折;腰に梓の弓を張る、深刻な生活能力を喪失して、甚だしきに至っては死者.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です