健は、八仙の肉体疲労粉じんを発表し、3つの月には医療費事宜処理方案を発表

中央健康保険署と新北市衛生局共同で検討し、決定について新北市八仙の楽園が燃えて粉塵閃意外民衆さんヶ月以内に医療費事宜の方案

は次の通り.

1、自104年ろく月27日から104年きゅう、く月さんじゅう日まで健康保険給付の保険の対象がない自費医療費を含む一部負担、病室差額、焼きやけどの自費医材、処理費用や救急車費用と患者に料金健保署先行立替後、また、新しい北市政府特別査問返還立替金額.から外国人の非健保保険対象部分のすべての医療費も健保署は、先行立て替えて、更に新北市政府は同プロジェクトの返還.

二、上記の情報は、健康保険署は、104年ろく月さんじゅう日透過健保署と特約医事コード体係サービス機構の専属ネットワーク转知院に協力して、この事件を呼びかけて保険対象以後からいかなる健保特約院が、医者にかかる自発的に説明すべき病歴、~利院医師免許自費部分に合わせて優.

に三、今回は健保署立て替えるの医療费は、健康保険署も依国民健康保険法第5条の規定により、八仙の楽園の公共責任保険及び活動に責任を負う人業者、代位求償訴訟提起 レビトラ20mg.

に4、今回特別新北市政府補助の費用は、市政府は成立愛新北義援金専用口座を受けて、民間の寄付に協力して、傷の医療費や今後のリハビリ、生活などの問題.ひとつの戸の名:新北市社会救済会報専用口座,肉体疲労、アカウント:027038002803(台湾銀行板橋支店)、送金為替備考欄に八仙フィリング指定粉塵のガス爆発救助プロジェクトは、どんな問題でも動かして1957専用線問い合わせる.

5、未所持健保カードに傷の保険の対象が例外方式、医者にかかる受理、医者にかかる若、粉塵爆発緻健保カード紛失、毀損,健保署は無料切替新カード.

六、その後この事件があるなら傷つい保険の対象に対して費用を支払う関連問題について,健康保険署黄珮珊問い合わせ窓口を担当して企画グループ課長(携帯電話:0983-219-213).

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です