あなたの肉体疲労包皮は手術をしますか?手術前後の写真を同封する

" p " p>正常な男子学生のペニスは1段のふかふかの皮膚を包囲して、この皮膚は通常は亀頭を包むため,中央の尿道口だけで排尿にして、この段亀頭亀頭の皮膚は包皮と称して包皮.初生男の子の包皮は通常は亀頭亀頭の、中央部尿道は開口が小さく、しかも包皮が上がって、亀頭ができなくて、これは正常現象です.幼児の成長、包皮の中央開口部は徐々にゆるめ、3、4歳以上が亀頭.

は生理の上で、包皮が機能し、保護柔肌の亀頭、免於おむつ、パンツや仮止めの刺激だけをので、気軽に取り掛かっ亀頭包皮は必ず手術しない.ただし,肉体疲労、下記の場合は下記の場合は処理します:

「P1、2、と包皮と包皮の炎症

前に言及して、幼児の包皮の多くは完全に包まれて亀頭かつできないのがひっくり返って、このような状況が続く大人まで、亀頭は何の希望もなく、包莖.

には2種類:

は、二種類:

A .先天性は(症例一と二)pB .後に天性としても、天性として症例(症例4)

衛生がないから、ひっくり返って洗い亀頭包皮で長期と尿分泌物を積み、包皮繰り返しや慢性炎症を起こして、包皮口につながる引き締めない傷跡が殘る、亀頭の外でひっくり返って、これは包莖が最も一般的な原因.

P2、2、としてペンチペンチ(症例五と六)

時々、包皮を繰る露出亀頭後、忘れては包皮ひっくり返って、結果は亀頭つねられて首のように赤くて腫れまた痛くて、かえってひっくり返って包皮を、嵌頓症包莖、発生は風呂に入って、行房や自慰後.亀頭の静脈還流妨げられてからが、動脈血は引き続き流入ので、腫れが大きいほど痛いほど(動脈の圧力より多くなる静脈大)を深刻にさえ動脈血も入れず、引き起こす亀頭は虚血壊死.包莖嵌頓症もしことに翻下復元なら、緊急手術を締め付けるの包皮切開などの炎症や腫れが消えて、再施行包皮切断手術.

p3、繰り返しの包皮亀頭炎

繰り返しの包皮の手術が亀頭炎も、さもなくば鶏鶏よく腫れ熱痛、時に膿小便の痛み、日悲しい過ぎる.

包皮の手術は包皮リング手術と呼ばれ、成人は局部麻酔にしても、手術をします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です